BBQ入門 この夏の第二弾、第三弾

BBQはこの夏、3回しました。初心者脱出なるか??

1回目は前回書いた、こちら(那須で子連れキャンプ(キャビン泊)超入門)です。

 

2回目は、お盆に、親戚(大人3人、中学生1人、小1、年少)で。公園でやりました。

身内ということもあって、色々実験しました。初心者は、ググっても、やってみないとよく分からないのです。

 

実験1: ホイルで丸焼き(さつまいも、玉ねぎ)

さつまいも

ググると、下記手順。

1. 新聞紙を水で濡らして、さつまいもに巻きつける

2. その上からアルミホイルを二重三重に巻く

3. 後は炭火にそのまま入れる

 

素人疑問。まず1. から。

新聞紙のインク、写らないの?大丈夫なの? > 不安だったので、キッチンペーパーにしました。

この水分で蒸されるのかな?けっこうビシャビシャでやった方が良さげです。インクはよくわからないし、新聞とってないのでキッチンペーパーでよいです。

 

2. は、普通のアルミホイル二重だと、トングで持ったときに破れました。

アルミは熱伝導がいいので、何重だろうと熱の通りはほぼ変わらないと思います。安全に三重くらいがいいのかなと思います。

 

3. は、ほんとにそのまんま(アルミのまま)放り入れて、焦げないの?あるいは炭が弱くならない?という疑問。

結論からいうと、全然だいじょうぶ。焦げない。炭も、元々そんなにぎゅうぎゅうで入ってないから大丈夫。

3,4人前のコンロだと、2,3本は入れられるかな。

 

で、20〜30分弱くらい待ちました。途中で1回、ひっくり返すといいらしい。

結論からいうと、かなりうまいです!石焼き芋の味。

かんたんだし、手が掛からないし、子供受けするので、おすすめです。(ただし時間が掛かるので、子どもの期待値を最初に上げないほうがよい。)

水加減、火加減次第だと思いますが、皮の近くが、干からびて食べにくかったので、細い芋より太い芋がいいと思います。

火が通るか怖くて、細いのにしちゃったけど。

これは定番昇格でいいですね。

 

玉ねぎ

そのまんま皮も剥かずアルミホイルでくるんで、炭火にポン。

20分くらい待って食べました。

うーーん、、美味しいんだけど、早かった。。

オニオングラタンスープのようなのをイメージしてたんですが、トロトロにはならなかった。

奥さんと、切れ目を入れたほうがいいかもね、という話になりました。胡椒とか書けてもいいかも。

どのみち、うちの子は食べなそう。今度はもうちょっと長くやってみたい。

 

 

実験2: アヒージョ

器に、オリーブオイル、にんにく、鷹の爪、塩を入れて具材を入れるだけ。

具材は、エビ、ブロッコリー、エリンギで実験。

結論からいうと、イマイチだったけど、次はうまくできそう、という感じでした。

 

失敗点

・先にオリーブオイルを加熱しすぎた

火にかけてからにんにくが見つからず。。温度が高くなってからにんにくを入れたので、すぐ焦げて、にんにくの香りを活かせなかった。

具材も、炒めてる感じになりました。

 

・塩が少なかった

結構多めに入れたほうがいいです。

 

あまり温度が高くないとこで、オリーブオイルを軽く加熱してからにんにくと鷹の爪投入し、香りが付いたら具材投入、これがいいと思います。

 

 

その他、学んだ点

・具材はコンロの近くに置く(置けるような机か棚があるとよい)

・焼けたものを取る大皿があった方がいい

どちらも、焼いてる途中に行ったり来たり、動線がぐちゃぐちゃになるし、せわしなくなります。

 

・キッチンバサミは使える

・鉄板はなくても、厚手のアルミホイルで十分(後片付けが楽)

7mmのアルミホイルとか売ってます。それはむっちゃ使える。アヒージョのお鍋にもなります。焼きそばの残りを鉄板ゴシゴシ、って大変よね。

 

・ウィンナーの消費が早い

・豚肉も結構人気

子どもは別に、牛じゃなくてもいいのよ。牛も好きだけど。

 

色々チャレンジしたいけど、怖いよねw

ということで、簡単そうなとこからレパートリー増やしつつ、効率的なやり方を覚えたい。

バタバタしてて、写真全然撮らなかったw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>