[育児] 多様性ってなんだ?

先日、高校の同級生で集まりました。変人ばかりで、気兼ねなくワイワイやれる楽しい飲みです。

おっさんになると子供の話題が増えるわけでして、そのなかで、多様性についてのトークが面白かったので、改めて考察しました。

IMG_0452

 

 

みんな、子供に多様性を持ってほしい、多様性を大切にしてほしい、という思いはあるようです。

(多様性を”持つ”?”受け入れる”?多様性を、、、なんていうのだろう)

そのためにどうするのか。”いろいろなバックボーンの人たちと子供を触れ合わせたい”という意見が多かった。ただ僕の考えはちょっと違いました。

 

そもそも、多様性とは、あるいは、多様性を受け入れるとは、なんでしょうか?僕なりに考えたのが下記です。

 

・人は一人ひとり違うということを理解する

・自分と違うからと、他人をさげずまない、排他的にならない

・他人の良いところをリスペクトする

・他人と違うからと、劣等感を持たない

・他人との差異を優劣ではなく個性として捉える

 

なおwikiでは下記です。だいぶ違います。

多様性(たようせい)とは、幅広く性質の異なる群が存在すること。 性質に類似のある群が形成される点が特徴で、単純に「いろいろある」こととは異なる。

多様性 – Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/多様性

 

多様性の定義ではなく、子供にどうなって欲しいのかが主題なので、僕の定義した多様性を前提に進めます。

 

 

では、多様性を身につけるにはどうしたらいいのか。僕の考えです。

・友だち(他者)と自分の違いについて、じっくり考える

・友だちの、自分にはない良い点を考えリスペクトする

・友だちにない、自分の良い点を考え自信を持つ

・友だちと自分の同じ点、似ている点を探して共感する

・友だちと違う点、劣るように見える点があっても劣等感を持たせないようにする

 

この視点で考えると、少人数でいいから(むしろ少人数で)、じっくり、深く、感じ考えさせることがとても重要だと思います。

ただ、先日のディスカッションで気づいたのは、これだと、例えば自分と10%違う人は受け入れられても、30%違う人だと経験がなく受け入れられないのかな?とも思いました。

バックボーンが似ている中での比較だと、その前提を超えるくらい違うものに対応できないかも知れない。

 

ま、なので、深さと広さ、両方必要ですね。

どの年齢でどちらに重きを置くべきか、これは主観でしょう。

もし論文など研究結果があれば勉強してみたい。教えてください。

 

また、少人数、大人数、それぞれにリスク・デメリットもあるかと思います。

少人数では、前述のとおり、バックボーンが近いなかでの比較、という点。

 

一方で大人数では、様々な人がいると、人の習性として、似た者同士で集まる可能性が高いのではと思います。

そして似た者同士でグループができると、他グループ(他者)との差異が、お互いリスペクトするものでなく、優劣を決めたり排他的になる可能性があるのではないでしょうか。

(もちろん少人数でも起こりえますが、集団vs集団は、個人vs個人より厄介かな、と。)

 

いかがでしょうか?自分で書いててよく分からなくなってきました。

これだけ書いてなんですが、子供って、親が考えるより圧倒的に逞しくて、親がごちゃごちゃ考えてストレス溜めるより、子供のことを信頼して、適当におおらかに笑って過ごす方が、子供のポテンシャルを引き出せて、結果、幸せになるのかもしれませんね。

 

 

追記

多様性とはいえ、何でもかんでも受け入れるべき、というわけではないです。

例えば差別をする人、いじめをする人。それは個性として受け入れない、受け入れたくないでしょう。

成長過程の子供だからこそ(大人も)、倫理観は多様性うんぬんではなく、身につけてほしいと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Website

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>