アルスクールを創業しました

7月27日に、アルスクール株式会社を創業しました!

キッズプログラミング教室をメインに、教育事業です。

 

設立への想い

息子が幸運にも出会えた素晴らしい教育。探究型学習やモンテッソーリ教育。勉強するほど面白くなる。

フルタイムで通いたくても通えない人がいる。まだ知らない人がいる。そういう人に、週1でも月1でも届けたい。

 

急成長市場のプログラミング教育

ITスペシャリストとして、数多のエンジニアを面接し育てててきた。スーパーエンジニアとも一緒に働いてきた。

その知見と経験を活かして、最高の内容を提供したい。

 

学習指導要領の改訂、第4次産業革命、AI、IoT、Society5.0。

さまざまな社会情勢のおかげで、新たなプログラミング教育という市場が生まれた今は、そこをフックに、詰め込みで知識偏重の教育をひっくり返す、最高の機会。

子ども達が未来を切り拓く、その助けになりたい。

 

そういった教育への想いに加えて、起業家としての想い

職人肌でCTOなど歴任してきたけど、自分一人のチカラでなく、仲間と一緒に、最高のチームで、もっともっと最高のインパクトを生みたい、チャレンジしたい。

 

様々な想いが積み重なって、走るしか考えられなくなりました。

 

 

めざすところ

やるからには、プログラミング教育でTOPを取りに行きます。

 

表面的なプログラミングスキルを伸ばすのが目的ではない。

ソフトスキル、生きる力、本質的な力を探究型学習を通じて伸ばしたい。

テクノロジーを使うことで、子どもの世界を広げ、感性を磨きたい。

(結果として、プログラミングスキルや論理的思考力も、どこのスクールよりも身につき定着することにはなります。)

 

そしてそれを足がかりに、詰め込み方や知識偏重の教育をひっくり返したい。

 

プログラミング教育は、教育業界でも新しい市場であり、第4次産業革命で求められる新しい教育(※)のあり方を認知してもらう最高の機会です。

※実は新しくもなく、以前より必要であり、それが一部にしか認知されてなかっただけなんですが。

 

我々がプログラミング教育でTOPをとり、そこに来た方が従来の教育に疑問を持つ。

プログラミング教育をきっかけに教育界全体を変革する、その先陣をアルスクールが進んでいきます。

 

 

 

我々がやろうとしている(やっている)探究型学習は、スタッフのクオリティが高い水準で求められ、スケールしにくいという課題があります。

その課題にも真正面から挑んで解決したい。EdTech絡めて。それだけのチームが組めています。

 

 

なお、お金はあまりありませんが(苦笑)、仲間をもっと増やしていきたい。ぜひご興味ある方はご連絡ください。

 

 

と、boocooのブログに書きましたが、、boocooと資本関係はありません笑

キッズ用品の中古品販売、ベビアールをクローズしました

6月(2018年)のことですが、2年半チャレンジしたベビアール(キッズ・ベビー用品の中古品販売)をクローズしました。

ご利用いただいた皆様には心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

正直、結構悩みました。最後の方、ぐんとお客様が増えていたので。

ただ、ビジネス的にはいろいろ難しかった。今後のためにも、振り返ろうと思います。ご興味ある方、お読みください。

 

在庫管理、商品管理が超大変だった

中古品のため、すべての在庫が1点ものです。注文が入ったらその1点を探し出して届ける必要があります。

また、WEBで売るには画像やデータを登録する必要があります。これらに掛かっていたコストが、だいたい700円/点。

特に洋服は単価も安く、ほぼ赤字でした。ブランド品に限ったりすると、zozoなどと競合になっちゃうという問題も。

ソフトウェア開発で業務を最適化するとして、必要な開発費200万、改良後の1点あたりのコストが300円くらい。
(専用アプリで、スマホで撮影すればすぐ商品と紐づく、とか。)

見積もってないですが、おそらくハード(什器とかまで)含めた改良だと8,000万以上掛かって、改良後の1点あたりのコストが100円くらい。

何着売れれば回収できるのか。。

 

物流の最適解が生み出せなかった(スケールしないと無理)

利益が高いのは大きなもの(ベビーカー、チャイルドシートなど)が多かったです。

知育おもちゃとか、抱っこ紐は小さくて利益率高かったのですが。

そうなると物流をいかにコスト抑えるかが鍵となる。アウトソースすると、宅配コスト、都内でも数千円かかっちゃう。

これが、注文が頻発して、その中で最適なルートを探すとかであれば改善されそうでしたが、そこまで注文が多くない状況だと、1点ずつ運ぶコストがかなりの負担になる。

 

スケールするかが読めない

市場規模からシェア出して規模算出、などはできるし、売上も右肩上がりだったのですが、計算よりも早いタイミングのどこかで天井があるんじゃないか、という不安がすごく大きかった。

メルカリのおかげで中古への抵抗は少なくなっていたけど、それがどこまで浸透しているか。

本当は自分たちでマーケットつくる勢いでやらないとダメだけど、その体力はなさそうでした。

 

リピーターから注文が多いのは洋服

当たり前ですが、ベビーカーとか大物って頻繁に買わない。

一方で洋服は、相当安かったのもあり、継続してお買い上げいただく方は多かったです。

つまり、いずれにしてもLTVがなかなか上がらない。

おそらく妊婦の時点でアプローチできれば、最初に大物いっぱい買うし、やはり2歳位までしか大物いらないので、違ったかも。

 

“ママとのリアルなタッチポイントから新しいビジネスを生む”ことができなかった

最初から自社物流にこだわっていたのは、この発想だったんですが、全然ダメでしたー。

 

 

最後に狙った市場は、保育園などの to B

こういったなかで、最後に狙ってたのが、toBでした。

保育園や児童館におもちゃなどを売る。ニーズはすごくあり、1回あたり1万円以上買ってくれることも多い。

キッズカフェの方は、棚1つ分くらい大人買いしてくれたこともありました。バンボとバウンサー、いくつ持ってっただろう。

C to B to Bという、少し面白いビジネスモデル。この市場は、開拓していけばかなり面白いと思います。

ただ、to B だし、堅い業界なので時間がかかる。市場を開拓して、営業して、黒字化までが長い。

でもこれ、たぶん、ちゃんとした経営者がやればビジネスになると思います。どなたかいかがですか?

 

 

これらを総括すると、下記です。

・市場の規模に対して、自信がもてなかった

・スケールで解決する問題が多いが初期投資がかさみ、回収スパンが長そう

・じわじわ攻めるだけの体力がなさそうだった

 

どれも今考えれば、当たり前で、最初に考えろよ!と言われるかも知れません。でもブレイクスルーを出せるのではと自分を信じてました。

どなたか、イケてる経営者ならこれらの問題にブレイクスルーを出せるんじゃないかな。

ビジネスとしては、買取も販売も、お客さまにすごく喜んでいただけたし、最後の方は毎日何人もガレージセールにきてくださり、僕が赤ちゃんあやしてるくらいでした。市場ニーズはあります。

ぜひ誰か、これを教訓に市場を作ってくれないかな。僕で良ければ体験談いくらでも話します。

 

大きな赤字でしたが、むちゃくちゃ勉強になりました。なにより、boocoo創業からはじめてといっていい、一般顧客からの売上がそれなりに上がりました。

ユーザーの方とも触れ合え、やっていて気持ちいいビジネス、役に立っていることを強く実感できるビジネスでした。

なので、後悔はしていません。これがあるから次へ進める。

 

 

最後ですが、実はクローズした一番大きな理由は、並行してやっていた

キッズプログラミング教室 アルスクール

にリソースを集中したい、との思いです。こちらの状況についてはちゃんと投稿します。

 

応援ありがとうございました。

boocoo代表 村野

子どものお仕事

おとなの仕事が、環境を完成させるためにあるのに較べ、こどもの仕事は環境を手段として自分自身を完成させるためにあります。
=== モンテッソーリの発見 E.M.スタンディング著
 
たしかになぁ。。
工作でも、”できあがること”ももちろん楽しいけど、つくること、工具を使うこと、使えるようになることを楽しんでるよね。効率とかじゃなくて。

8つの大切なアイデア

改めて「作ることで学ぶ」を読んで。

 

構築主義学習ラボを支える8つの大切なアイデア

By シーモア・パパート博士

最初の大切なアイデアは、実践による学習です。

第2の大切なアイデアは、構築素材としてのテクノロジーです。

第3の大切なアイデアは、困難をともなう楽しみです。

第4の大切なアイデアは、学び方を学ぶということです。

第5の大切なアイデアは、十分な時間をかけることです。

第6の大切なアイデア(これが1番大切なアイデア)は、何の失敗もせずに成功することはできないとうことです。

第7の大切なアイデアは、生徒たちにすることを自分自身にもせよということです。

第8の大切なアイデアは、デジタル・テクノロジーについて知ることが読み書きと同じくらいに重要なデジタル世界に、私たちは踏み込みつつあるということです。

 

本の中では、この見出しだけでなく、もう少し細かく書いてあります。

これはすごく示唆に富んでいる。プリントアウトして教室に飾ろうかな。

A学生からX学生へ

ライフロング・キンダーガーテン(第1章 創造的な学び)より。

清華大学でもほとんどの学生は、小学生から高校生までの間、優秀な成績を収めていましたし、多くはそのまま精華大学でもAを取り続けていました。陳はそうした学生を「A学生」と呼んでいました。

(中略)

陳は、中国は新たな種類の学生が必要だと力説し、そうした学生を「X学生」と呼びました。彼によれば、X学生とはリスクを負いながら新しいことに挑戦する者たちです。単に教科書に書かれた問題を解決するのではなく、自分自身の問題を定義することを熱望します。最も革新的なアイデアと創造的な新しい方向性を生み出すのはX学生たちなのです。

(中略)

ほとんどの国のほとんどの学校では、学生が自身のアイデア、目標、および戦略を生み出す(X学生になる)ことを助けるよりも、指示とルールに従うように教育する(A学生になる)ことを優先しています。

 

思えば、中高は、クリエイティブななんかをするっていう学校ではないけど、指示とルールに従うように教育する学校ではなかった。むしろ指示もルールもほぼない学校だった。

大学もA学生になることを目指しているやつもいたけど、幸い、僕の周りは、自分なりの価値基準を持っている人が多かったと思う。

ただ、いずれも、「リスクを負いながら新しいことに挑戦する」って感じでもなかったなー。

 

また読み進めたら、いくつか抜粋していきたい。